糖尿病 - 治療について

どのような時にインスリンを使いますか?

絶対的適応と相対的適応の基準を確認します。

解説

下のようなときに使うことを考えます。

インスリンを必ず使う時

  • インスリン分泌の不足が原因の1型糖尿病のとき
  • 血糖値が高すぎて、体の中の浸透圧やpHがおかしくなっているとき(糖尿病ケトアシドーシス、高浸透圧高血糖といいます)
  • 肝臓が非常に悪いとき
  • 腎臓が非常に悪いとき
  • 感染症にかかっているとき
  • 妊娠しているとき

インスリンの使用を考える時

  • 著しい高血糖のとき(≧300mg/dLが目安です)
  • 飲み薬だけでは糖尿病が良くならないとき(HbA1c≧9%などが目安です)
  • やせ型で栄養状態が悪いとき
白石 達也循環器内科 / 9年目
2021/11/15
ユビー病気のQ&Aで見る