副鼻腔炎 - 検査について

どのような検査を行いますか?

鼻の中に光を当てて目視でのぞいてみるほか、鼻の内視鏡やレントゲンなどの検査を行います。

解説

鼻の中に光を当てて目視でのぞいてみるほか、必要に応じて鼻の内視鏡やレントゲン、CT検査などを行います。
また、炎症の原因となっている細菌が何かをはっきりさせるために、鼻水を採取して培養検査を行うこともあります。

阿河 光治耳鼻咽喉科
2022/6/7
ユビー病気のQ&Aで見る