適応障害 - 治療について

治療を開始してから治るまでの流れが知りたいです。

ストレス因をつきとめて距離をおき、向き合い方を探るなどしながら、精神状態の安定を図ります。

解説

まずは医師とともにストレス因をつきとめ、そこから離れるようにします。
ストレス因から離れることができれば、基本的には6ヶ月以内に症状が改善に向かっていきます。
その間は、ストレスやその原因との向き合い方を模索しつつ、精神状態の安定を図っていきます。
睡眠障害や不安などの症状がひどい場合、個別の症状を和らげる薬の処方を検討することもあります。

日下 慶子精神科・心療内科
2022/6/14
ユビー病気のQ&Aで見る