逆流性食道炎 - 検査について

どのようにして逆流性食道炎かどうか診断しますか?

胃内視鏡検査と自覚症状の聞き取りの結果をもとに診断します。

解説

内視鏡検査で食道の炎症が見られれば、逆流性食道炎を疑います。
炎症が見られなくても、自覚症状があれば非びらん性胃食道逆流症の可能性を考えます。
また、胃酸を抑える薬(PPI:プロトンポンプ阻害薬)で症状が改善するかを見るPPIテストを行って、診断の手がかりにすることもあります。

白石 達也循環器内科 / 9年目
2022/4/30
ユビー病気のQ&Aで見る