脂肪肝 - 病気について

脂肪肝とはどのような病気ですか?

肝臓に中性脂肪がたまった状態のことです。 放置すると肝炎などを引き起こします。

解説

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がたまった状態のことを指します。
アルコールが原因のものと、肥満や高コレステロール血症などのメタボリックシンドロームに由来するものがあります。
対処せずに放置してしまうと、肝炎や肝硬変などの危険な病気に発展するおそれがあります。

患者数は全国で1000万人にのぼると推定され、そのうち10%ほどが肝炎や肝硬変になると見込まれています。

吉岡 藍子消化器内科
2022/3/29
ユビー病気のQ&Aで見る