症状がある場合とない場合で、対応のしかたが以下のように変わります。
なお、以下では「症状が出た日」「検査を受けた日」を0日目とカウントします。

症状がある場合

症状が出た日から10日以上が経過したのちに

  • 症状が落ち着いてから、3日以上が経過
  • 症状が落ち着いたのち、1日以上空けてPCR等の検査を2回行い、いずれも結果が陰性

のどちらかを満たした時点で療養解除となります。

症状がない場合

検査を受けた日から7日が経過で療養解除となります。

当初症状がなく、途中で症状が出た場合

発症日から10日以上が経過したのち、療養解除となります。発症から10日間は感染性があるとされているためです。「検査を受けた日から10日以上」ではないのでご注意ください。

なお、以上はあくまで原則です。療養解除の判断にあたっては、各保健所の指導に従ってください。