アルコール性肝障害だとAST/ALT比は2以上[1.1-11.2]、NAFLDだと0.7程度[0.3-2.8]と報告あり、AST/ALT比が2以上であればアルコール性肝障害を強く示唆します。