血圧が高い状態が続くと、全身の血管が傷つき、動脈硬化が進んでいきます。
動脈硬化を放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中など、致命的な病気に発展するおそれがあります。
また、腎臓にも負担がかかるほか、認知症になるリスクも高まります。

命にかかわる重大な病気にならないためにも、高血圧はけっして放置せず、医師の指導を受けてしっかり治療するようにしましょう。