アルコールには血管を広げる作用があり、鼻汁や鼻閉の症状を悪化させます。また、アルコールを飲んで体に生まれる物質がアレルギーの症状を強める働きをします。