糖尿病とは、血糖値が慢性的に高くなる病気のことです。

血糖値とは血液の中の糖分量のことで、食事をとったりすることで上昇します。
上がった血糖値は通常、インスリンなどのホルモンの働きで適正な値へと抑えられます。

糖分の摂りすぎや、インスリンの働きが肥満が原因で悪くなるとインスリンの分泌量が減ることで、血糖値が高くなります。
また、肥満や生活習慣の乱れがなくてもインスリンを作る細胞の異常などが原因で糖尿病になることもあります。