肝硬変になると、血液が肝臓に十分行き渡りづらくなり、肝細胞機能が低下してしまいます。
その結果、

  • お腹に水がたまる(腹水)
  • 肌が黄色くなる(黄疸)
  • 出血しやすくなる
  • 意識がおかしくなる(肝性脳症)

など、さまざまな症状が現れてきます。