「鼻の構造が鼻炎の原因になっていないか」「鼻以外の病気が原因になっていないか」等を調べるため、鼻のレントゲン検査や内視鏡検査を行うことがあります。
また、各アレルゲンに対応する抗体の有無や量、アレルゲンへの反応の様子などを調べるため、血液検査を行う場合もあります。