• 体内の酸素量を示す数値(SPO2)が低く、酸素吸入が必要なとき

は入院する必要があります。

また、以下のようなリスクを有する方は、酸素吸入が必要となる可能性が高いため、入院が必要かどうか医師が検討します。

  • 高齢者
  • がんがある方
  • 心不全や肺の病気がある方
  • 肝硬変など、肝臓に疾患がある方
  • 腎不全の方
  • 免疫抑制剤治療を受けている方、免疫が落ちる病気がある方
  • 糖尿病、高血圧、肥満(BMI30以上)、喫煙歴などがある方