脂肪肝のうち、アルコール摂取が主な原因でないものを「非アルコール性脂肪肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease: NAFLD)」と呼びます。

アルコール摂取が原因かどうかは、アルコールを日に一定以上(エタノール換算で男性は30g、女性は20g)摂取しているかどうかを基準に判断します。