夜寝ている時の呼吸の状態(SpO2と言う酸素の数値やいびきの状態)を測る検査をします。
入院して行うものが基本ですが、簡易的に自宅で行う機器もあります。
鼻や喉が狭くなっていないかを診察したり、噛み合わせを見たりします。
他に睡眠に関わる他の疾患がないかを調べます。