アレルギー症状(鼻水や鼻づまり、目のかゆみやせきなど)が起こるのは、花粉やハウスダストが目や鼻に付着することで、ヒスタミンやロイコトリエンという物質が体内で放出されるためです。
アレルギー性鼻炎の治療では、これらの物質の働きを抑制して症状を抑える飲み薬や、患部に直接働きかけて症状を緩和する点鼻薬や点眼薬を用います。