外来でよく用いられる認知症のテストとして、

  • MMSE(Mini Mental State Examination )
  • HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)

があります。カットオフ値はMMSEが23点、HDS-Rが20点です。
このどちらかを使用するのが一般的ですが、軽度認知障害(MCI)の検出にはMoCA-Jなどがより検出に優れているとされます。