他の認知症と比較すると若年(50~60歳代)での発症が多いです。
みられる具体的な異常行動としては

  • その場にそぐわない言動
  • 行動をとる
  • 礼儀やマナーが欠落する
  • 他人や社会に興味がなくなる
  • ひとつの事柄に固執し何度も繰り返す
  • 食事嗜好の変化

などが挙げられます。