コレステロールはヒトの体に存在する油(脂質)の1つです。
主として、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。
LDLコレステロールは、血液中に増えすぎると血管の壁にたまってしまい、動脈硬化を進行させる要因となるため、「悪玉」と呼ばれています。
他方、HDLコレステロールは動脈硬化を抑える方向に作用するため、「善玉」と呼ばれています。

また、コレステロールの仲間に、同じく脂質に分類される中性脂肪があります。
中性脂肪は私たちのエネルギー源の1つであるとともに、中性脂肪を蓄えた脂肪細胞には体温を一定に保つ断熱材として機能する面もあるため、必ずしも中性脂肪が悪者だとは言いきれません。
しかし、「悪玉」のLDLコレステロールと同じように、多すぎるとやはり血管の健康を損なう原因となってしまいます。

動脈硬化の予防・改善には、LDLコレステロールと中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やすことが重要です。