• 食後(血液型BやOの人)や妊娠による上昇(正常上限の1.5~2倍)
  • 骨疾患(骨芽細胞が活発になる成長期でも上昇)
  • 甲状腺機能亢進
  • 副甲状腺機能亢進
  • 肝疾患
  • 腎不全
  • 糖尿病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 関節リウマチ