濃厚接触者が検査を受ける目的は、

  • 濃厚接触者自身の治療のため
  • 濃厚接触者に接触した人に、待機や経過観察が必要かどうか判断するため

です。
そのため、検査を実施するタイミングは

  • 有症状の方は、症状が出たとき
  • 無症状の方は、診断の確定が必要とされたとき

となります。

なお、濃厚接触者の場合、陽性者との接触から3〜8日前後のタイミングで検査を実施すると、精度の高い結果が出ると言われています。
ただし、接触が過密な状況下だった場合や、陽性者が感染していたのがオミクロン株だった場合は、より早期の検査が望まれることもあります。