病気が進行すると、姿勢によらず足に痛みやしびれが生じるようになります。
足の筋力の低下や痛みやしびれにともなって、歩ける距離も短くなります。

また、何度もトイレに行きたくなったり、逆に便秘になったりと、排尿や排便のコントロールがうまくいかなくなる可能性もあります。