日常生活でどのような動作に気をつけるといいか、どのような運動が症状の改善に効果的かなどを、リハビリを通して学びます。
また、服薬によってある程度症状を軽くできるほか、コルセットの着用が効果的なこともあります。

歩行障害が出るなど、日常生活にまで支障が及んでいるケースでは、脊柱管を手術して神経の圧迫をやわらげる選択肢も検討します。