一般的に用いられているのは内服薬です。
毎日内服するものに限らず、毎週や毎月に1回など服用頻度の少ないものもあります。
定期的な内服が困難であったり、効果が不十分な場合には注射剤の使用が検討されます。
注射には病院で行うものと自分で自宅で行うものがあり、それぞれに使用頻度の異なる薬剤があります。