脊髄が圧迫されることで、腰から足にかけて痛みやしびれなどの感覚の異常が生じたり、動かしにくくなったりします。
また、こうした足の痛みやしびれが歩いているときに出てきて、休み休みでないと歩けなくなる症状(間欠性跛行)が生じることもあります。
背中をまっすぐにしたり反ったりすることで、これらの症状が悪化することが特徴的です。

また、病気が進行すると排尿や排便に異常をきたすケースもあります。