一般的には、食べ物を飲み込む機能(嚥下機能)が少しずつ悪くなっていき、肺炎(誤嚥性肺炎)や窒息が起こりやすい状態になっていきます。
この嚥下機能の低下が原因で亡くなる患者さんが多いです。
進行するスピードや他の症状については認知症の種類や個人により違いがあるので、詳細に予測することは難しいです。