メタボリックシンドローム(メタボ)は「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、①内臓脂肪の蓄積、および②高血圧・糖尿病・脂質異常症のいずれか2つ以上に該当すると診断されます。

単なる肥満症と比較して、メタボのほうが動脈硬化の危険度がより高いです。