超音波等の画像検査や、組織を顕微鏡で見る検査(生検)などを実施して、肝臓に脂肪がどの程度ついているか見たうえで診断を下します。
また、同時に血液検査なども行い、他の肝臓の病気でないかどうかも確認します。