薬はあくまで食事や運動による治療を補助するものであり、どのくらい飲めば効果が出ると言えるものではありません。
まずは生活習慣の改善にしっかり取り組みましょう。

なお、肥満症の薬は、副作用のリスク等もあるため、保険適用のものであっても3ヶ月を超えた服薬は避けるべきとされています。