タクシー運転手、危険作業場で仕事をする方などで睡眠時無呼吸症候群と指摘されている方は、きちんと治療しないといけません。
睡眠が事故につながると言う点はもちろん、病気なのに仕事を続けていると、事故を起こした時に自身が責任を負うことになります。