血糖値の高い状態が続くと、全身の血管がダメージを受けてしまいます。
放置しつづけると動脈硬化などが生じ、心筋梗塞や脳梗塞といった致命的な病気のリスクが大きく高まります。
また、目や腎臓、足の血管の病気を引き起こすこともあります。

怖い病気にならないためにも、病気の原因や程度に応じた適切な治療に取り組んでいきましょう。