肥満症の多くは、食べすぎや運動不足が原因です。
ただし、ホルモンの異常などにより肥満になってしまう病気の方もまれにいます。

食べすぎや運動不足などに心当たりがない方には、採血などによる検査の受診をおすすめすることがあります。