肝硬変に由来する三大死因は、肝機能の低下(肝不全)、食道や胃にできた静脈瘤の破裂、肝がんです。
また、免疫が低下するため、感染症にもかかりやすくなります。