MRI検査でヘルニアを認めたとしても、神経が刺激されない場合があります。
逆に、ヘルニアのような症状があっても、全く異なる病気であることもMRI検査を撮るまでわからないことがあります。