Genpaku
Genpaku
医師向け診療サポート

高血圧緊急症の診療について

最終更新日時
参考ガイドライン
・文献等

概要

血圧の高度の上昇(≧180/120mmHg)により脳、心、腎、大血管等に急性の障害が起こる状態

診療スライド

Loading PDF…
スライドで診療に必要な情報をすばやく把握できます。
詳細については、下記のドキュメントを参考にしてください。

鑑別

  • 加速型-悪性高血圧(網膜出血や乳頭浮腫を伴う高血圧)
  • 高血圧性脳症
  • 急性臓器障害を伴う重症高血圧
    • 脳出血 / くも膜下出血
    • アテローム血栓性脳梗塞
    • 頭部外傷
    • 急性大動脈解離
    • 急性心不全
    • 急性冠症候群・心筋梗塞
    • 急性・急速進行性腎不全(腎移植後含む)
  • 脳梗塞血栓溶解療法後の重症高血圧
  • カテコールアミンの過剰
    • 褐色細胞腫クリーゼ
    • モノアミン酸化酵素阻害薬と食品・薬物の相互作用
    • 交感神経作動薬の使用、降圧剤中断に伴う反跳性高血圧
    • 脊髄損傷後の自動性反射亢進
  • 収縮期血圧180mmHg以上あるいは拡張期血圧120mmHg以上の妊婦
  • 子癇
  • 手術に関連したもの
    • 冠動脈バイパス術後
    • 重症火傷
    • 重症鼻出血

症状

  • 頭痛
  • 視力障碍
  • 神経系症状
  • 悪心嘔吐
  • 胸背部症状
  • 心・呼吸器症状
  • 乏尿、体重変化

身体所見

  • 血圧の左右差
  • 脈拍、呼吸、体温
  • 体液量評価:頻脈、脱水、浮腫、立位性血圧測定等
  • 中枢神経:意識障害、痙攣、片麻痺
  • 眼底所見
  • 頸部:経静脈怒張、血管雑音
  • 胸部:心拡大、心雑音、Ⅲ・Ⅳ音、湿性ラ音等
  • 腹部:肝腫大、血管雑音、(拍動性)腫瘤等
  • 四肢:浮腫、動脈拍動

検査

  • 尿
  • 末梢血液生化学
  • 心電図
  • 胸部レントゲン
  • 動脈血ガス
  • 心・腹部エコー
  • 頭部CT・MRI
  • 胸腹部CT
  • 血症レニン活性、アルドステロン、カテコールアミン、BNP

治療

  • 急に降圧しない
    • 1時間以内は平均血圧の25%未満の降圧
    • 次の2-6時間で160/100 mmHg程度まで降圧
    • その後24-48時間かけて140/100mmHg未満まで降圧
  • 急性冠症候群や大動脈解離、高血圧性脳症ではより速やかに降圧
  • 脳出血の場合は速やかに収縮期血圧を140mmHg未満に降圧
  • 妊娠高血圧症で収縮期血圧180mmHg以上あるいは拡張期血圧120mmHg以上のときはただちに降圧し1時間以内に140mmHg未満まで降圧


(1)より引用

専門医紹介のタイミング

疑った時点で専門医へコンサルト・紹介が必要

ナレッジシェア

Genpaku公式ドクターのみが投稿できます
白石 達也循環器内科
Verified
2021/5/8
  • 大動脈解離などの場合、降圧薬はペルジピン 2mg iv→原液50mlとかで3mlスタート、BP>120で1ml/hr↑↑MAX 10ml/hr / BP<100 で1ml/hr↓↓ MIN OFFとかで指示出します。ミオコール追加時も同様にします(一方は流速固定しますが)

内科一般」のほかの記事

無断複写・転載を禁じております
利用規約
©Genpaku